【2019年版】ANAの飛行機が遅延した時の振替や払い戻し

遅延した場合に利用便の情報が確認できるようにしよう

やむおえない理由によって飛行機が遅延してしまった時、または遅延が見込まれる事は珍しい事ではないです。急なトラブルで困ってしまわないように、正確な情報が得られるサイトの存在を知っておく事が大事です。

遅延の状況についてリアルタイムで把握できるよう、パソコンや携帯サイトでANAのホームページを覗いておいた方がいいです。携帯を持っているならば、Twitterなどからでも手軽に情報を知る事ができます

悪天候や機材の故障による遅延の場合には

悪天候や機材の故障によって利用する予定だった飛行機が遅延してしまった場合の、振替や払い戻しについて説明します。どちらの場合であっても、飛行機の振替や航空券の払い戻しは可能です。手数料は不要です。

飛行機の振替

予約便出発予定日から10日以内に変更手続きをすることで、予約便出発予定日から30日以内の空席がある便への変更が可能です。変更方法については公式サイトのこちらのページを参照してください。

定期公共機関への振替

飛行機の欠航や遅延などが原因で、他の定期公共機関を利用した時は、後日かかった交通費の差額を払い戻してもらえます。その際には振替えた公共機関の領収証が必要になるので、忘れずにとっておくようにしましょう。航空券の運賃の方が高い場合には、利用予定だった航空券の金額が払い戻されます。

払い戻し

航空券を購入した方法ごとに、払い戻しされる方法がそれぞれ異なって来るので注意が必要です。クレジットカードでの払い戻しを希望している人は、航空券購入に使用したカードの口座に払い戻されます。現金の場合は、指定した口座への振り込みとなります。

ANAの利用券を使用した場合は、再発行となり郵送で家まで送ってもらえます。ANASKYコインの場合は同じくコインでの払い戻しになりますが、有効期限に気を付ける必要があります。

払い戻しについての詳細情報はこちらで確認してください。

宿泊費の補償

遅延によって当日中に目的地へと辿り着けない場合には、宿泊費を負担してもらえます。

遅延証明

遅延証明書が必要な時は、空港で直接もらう事もできますし、ウェブサイトからでも受け取る事ができます。