JAL国内線には何分前まで乗れる? 保安検査場は20分前、搭乗口には10分前!

日本航空(JAL)や、JALグループ便(JTA・RAC・HAC)に搭乗する際に乗り遅れないためには、

  • 保安検査場20分前(必須)
  • 搭乗口10分前

到着している必要があります。

搭乗手続き

JAL タッチ&ゴーサービス

JAL タッチ&ゴーサービス

JALでは、「JALタッチ&ゴーサービス」を実施しているため、預け入れ手荷物がない場合は、カウンターに立ち寄る必要がありません。乗り継ぎ便も、原則タッチ&ゴーサービスを利用できます。

なお、座席指定が済んでいない場合など、タッチ&ゴーサービスが利用できない場合は、予約詳細画面の搭乗方法部分に「チェックイン機」と表示されており、当日チェックイン機でのチェックインが必要です。

JALのコードシェアで、JALグループ便(JAL・JTA・RAC・HAC)以外に搭乗する場合は、運航会社でのチェックインが必要です。

手荷物の預け入れ

手荷物

出発時刻の20分前までに保安検査場を通過できるように、手荷物カウンターでの預け入れが必要です。

羽田空港などでは手荷物カウンターが混雑しますが、出発間近の場合は優先して預け入れができるため、係員に問い合わせてください。

JAL

JAL国内線の機内持ち込み手荷物を大解剖!【2020年版】

2019年2月2日

【2020年版】JALの預け手荷物制限を大解剖!【国内線】

2019年2月2日

保安検査場通過

出発保安検査場は、出発時刻の20分前までに通過する必要があります。

保安検査場の通過が出発時刻の20分前を過ぎると、予約便に搭乗することが原則できません。ギリギリに到着し、保安検査場が混雑している場合は、係員に問い合わせてください。

搭乗口へ

搭乗口

出発時刻は飛行機が動き出す時間であるので、搭乗口へは、出発時刻の10分前までに到着するように、日本航空では呼びかけています。

ギリギリで保安検査場を通過した場合は、直接搭乗口へ向かいましょう。