【2019年版】釧路空港アクセスバスまとめ【釧路市内・阿寒湖・帯広】

釧路空港(たんちょう釧路空港)公式Webサイト

釧路空港(たんちょう釧路空港)公式Webサイト

釧路空港(愛称:たんちょう釧路空港)の公共交通機関のアクセス情報です。

連絡バス(釧路空港〜釧路市内)

阿寒バス 公式サイト

阿寒バス 公式サイト

阿寒バスによる運行の連絡バスが、全ての釧路空港発着便(国内線)に接続して運行しています。主な経由地は釧路駅(釧路駅前バスターミナル)・釧路市役所(プリンスホテル前)・フィシャーマンズワーフMOOなどです。

所要時間は釧路駅前~たんちょう釧路空港が片道45分、MOO・釧路市役所前~たんちょう釧路空港が片道55分となっています。これらの区間の運賃は大人片道950円、小人は半額です。

航空便に接続して運行するため、時刻表は随時公式サイトでの確認が必要です。

阿寒湖温泉方面バス(路線バス・阿寒エアポートライナー)

阿寒エアポートライナー(阿寒バス運行)

阿寒エアポートライナー(阿寒バス運行)

阿寒湖温泉と釧路空港を結ぶバスが1日5往復~6往復運行されています。

このうち、2往復は「阿寒エアポートライナー」として、残りを路線バスとして運行しています。

運賃は釧路空港~阿寒湖温泉間が大人2,190円、子供1,100円となっており、どちらも定額です。

なお、航空便が遅れた場合、「阿寒エアポートライナー」は30分を限度に乗り換えを待ちますが、路線バスは接続をせずに発車します。また、「阿寒エアポートライナー」は電話・Webで予約が可能です。

スイーツライナー(帯広駅~釧路空港)

スイーツライナー(北海道拓殖バス運行)

スイーツライナー(北海道拓殖バス運行)

LCC・Peachの関西空港~釧路空港便に接続する、帯広駅~釧路空港の空港連絡バス「スイーツライナー」が、2018年8月1日から運行を開始しました。帯広と釧路空港を約2時間で結びます。運行は北海道拓殖バス

車内WiFi、USBポート、独立3列シート、トイレ付き車両での運行となり、車内は自由席ですが、乗車の際は、Webまたは電話での予約が必要です。

その他、駐車場などの情報は空港公式サイトのアクセス情報をご覧ください。

北海道の他の空港についてはこちら

【これで安心】北海道の空港アクセス方法総まとめ【保存版】

2019年1月19日