スターフライヤーが遅延した場合の対応と振替・払い戻しの方法とは

スターフライヤーの遅延や欠航

スターフライヤーなどをはじめとした航空機は、必ずしも予定通りに飛行することができるわけではありません。場合によっては、遅延が発生する可能性もあります。

運航状況は、スターフライヤーのホームページから確認することができます。スターフライヤーの運航状況を確認することで、各便の最新状況を確認して、遅延になった場合の対応をとることが可能です。

スターフライヤーで遅延となった場合の手続き

スターフライヤーの便が、悪天候や機材の故障などといった理由によって遅延となった場合、予約していた便を別の便に振り替えることができます。

この予約変更は、同一の区間における予約便の変更のことです。運賃の種類にかかわらず、予約した便の出発予定日から30日以内に空席があった場合に変更をすることができます。なお、差額や手数料はかかりません。

予約の振替は、スターフライヤーのホームページをはじめとして空港カウンター、予約購入した旅行代理店を介して行うことになっています。航空券の種類によっては、振替ができないものもあります。

また予約変更の手続きは、予約した便の出発予定日から10日以内に行わなければ振替をすることはできません。

スターフライヤーの払い戻し

スターフライヤーの便が、遅延・欠航となった場合には、航空券の払い戻しをすることができます。払い戻しの対象となる航空券は国内線運賃・料金で適用している航空券です。

払い戻し期間が定められており、予約変更が可能な航空券は航空券の有効期間が過ぎてから30日以内、予約変更ができない航空券ならば予約便の出発日の翌日から30日以内となっています。航空券の購入場所によって、払い戻しができる場所も異なりますが、公式ホームページやカウンター、コンビニなどからも可能です。なお、払い戻し・取り消し手数料はかからず、未搭乗区間の全額返金となります。