トリップドットコム(Trip.com)の評判 悪名高き“空売り”に遭ってしまったら…

2018年も残すところ1ヶ月となった12月1日、衝撃のニュースが飛び込んできた。

【スクープ】”存在しない部屋”を販売する海外大手宿泊サイトのカラクリ 年末年始に「部屋なし」問題大量発生も懸念

事件の概要をまとめると以下のようになる。

  • 海外大手オンライン旅行代理店「トリップドットコム(Trip.com)」が、年末年始に既に満室のホテルを「一室のみ在庫がある」と偽って販売
  • 2連泊、食事なしで10万円等、通常の2倍以上の法外な価格で販売される
  • 「事前決済、返金不可」の条件を了承し予約を完了すると、なぜかキャンセル待ち状態になり宿泊直前まで放置される
  • ホテルからの連絡が来ないので待ちきれずユーザーからキャンセルすると、キャンセル料100%が販売元の「トリップドットコム(Trip.com)」に入る
  • たとえユーザーからキャンセルがなくても、宿泊直前にサイト側からキャンセルと返金をすれば済むのでノーリスク
  • 空売りされたホテルには「ぼったくり」「一方的な直前キャンセル」等の悪い口コミが蓄積される

Trip.com(トリップドットコム)を運営する、Ctrip International Travel Japan(シートリップ)は、「本来お宿様と直接契約が無い旅行会社が、契約商品であると偽り、当該商品をCtrip側に掲載していること」を原因として、「法外な金額を掲載している」を認めた。

空室がないだけでなく、本来契約のないホテルの部屋を法外な価格で販売し、ユーザーやホテル側は一方的に損をする中で、販売元の「トリップドットコム(Trip.com)」だけが得をするという構造は、詐欺的ともいえる。

本記事では、そんなトリップドットコムの評判やキャンセルの方法について、解説する。

トリップドットコムの評価

筆者は複数回トリップドットコムを使って予約を行ったことがあるが、いずれも全く問題なく予約を完了できた。

支払い時にカード会社側の問題で不受理になったことが1度あったが、コールセンターは24時間年中無休で日本語で対応しておりサポートも手厚い。筆者が電話した際にも、丁寧に予約状況を確認してもらえ、無事Eチケットを受け取ることができた。

個人的に被害にあったことは一度もないが、今回の騒動が起こったもの事実である。直近でホテルを予約した人で、以下の状況に思い当たる場合は要注意だ。

(1)トリップドットコムで、一室のみ空いていた部屋を予約した
(2)返金不可、2泊以上限定など、高額で不利な条件だった
(3)予約確定通知が来ない(キャンセル待ち状態になった)

もし実際にこのようなケースに遭った場合、どのように対応するのが良いのだろうか。以下で具体的に解説する。

トリップドットコムでのキャンセル方法

「空売り」被害はキャンセルしてはだめ!

もし自分が「空売り」の被害に遭った可能性がある場合、結論から言うとキャンセルしてはいけない。返金不可の条件で購入していれば、キャンセルした瞬間に100%の料金が請求されてしまうからだ。

考えられる最善の策は、

(1)予約先のホテルに予約有無を確認
(2)トリップドットコムのサポートに事情を報告

という手順を踏んだ上で、解決策を模索するしかない。本当にホテルが予約できている可能性もあるので、事実確認ができるまでは他のホテルを予約することも控えたほうが良いだろう。

トリップドットコムの問い合わせ窓口

トリップドットコム(Trip.com)問い合わせ窓口

トリップドットコム(Trip.com)問い合わせ窓口

トリップドットコムは日本人向けカスタマーサポートセンターを開設している。

Ctrip、トリップドットコムの日本人向けカスタマーサポートセンター開設 年中無休で問い合わせに対応

24時間年中無休、電話、メールともに日本語での問い合わせに対応している。トリップドットコムの問い合わせ先は以下。

電話番号と営業時間

日本からのお問い合わせ 0120 925 780 (フリーダイヤル)
中国からのお問い合わせ 400 828 4649 (中国の市内通話料金)
それ以外の地域から +86 513 8918 6112 (国際電話料金)
営業時間:24時間年中無休

メールアドレス

航空券のお問合せ:jp_flight@trip.com
ホテルのお問合せ:jp_hotel@trip.com
列車:jp_train@trip.com
その他のお問合せ:jp_support@trip.com

 

ホテルのキャンセルと返金・払い戻し

ホテルをキャンセルする場合も、トリップドットコムでの操作は航空券のキャンセル方法と基本的には同じだ。ただし予約のキャンセルや変更の規約はホテルにより異なる。

キャンセルや変更の期日などの詳細情報は、予約申込の際にページ下方に表示される。無料キャンセルが可能な客室には「キャンセル無料」となっているので、自分の予約の規約がどうなっているか確認しよう。

ホテルのキャンセル規定について定めた、トリップドットコムの該当ページで詳細が確認できる。

最後に

トリップドットコムやスカイスキャナーはいずれもシートリップ運営であり、日頃から利用しており信頼をおいていただけに残念である。

本件についてのトライシーの取材に対し、シートリップ日本法人であるTrip.com Japanの吉原聖豪ゼネラルマネジャーからは、約束した期日内に回答を得ることができなかった。

年末年始に予約したホテルに宿泊できず、路頭に迷うという事態を防ぐためにも誠意ある早急の対応を期待したい。

合わせて読みたい!

ジェットスター セール

【13社完全攻略】LCCのセールを予約する方法と裏技を徹底解説【2019年春】

2019年1月17日
boarding pass

【20社網羅】LCCだけじゃない!航空券の予約方法とセール攻略法を全力でまとめた【保存版】

2019年1月18日

【絶対に損しない】LCCなど8社の手荷物料金とお得に予約する技を紹介!【2019年春】

2019年1月19日

もう慌てない!各社の航空券運賃規則を比較【キャンセル・変更・返金・欠航】

2019年1月19日

【これで安心】北海道の空港アクセス方法総まとめ【保存版】

2019年1月19日

【2019年版】日本全国空港フライト発着状況(Flight Information)まとめ

2019年1月19日

【初心者でも大丈夫】海外旅行の行き方を徹底解説!【連載8回】

2019年1月19日