【直前に航空券をとるならチェック!】25歳以下は当日空席があれば半額以下で乗れる? JALスカイメイト、ANAスマートU25とは?

飛行機好き、旅行好きであれば一度は聞いたことがあるJALスカイメイト、ANAスマートU25。ここでは、お得に旅行ができるJALスカイメイト、ANAスマートU25について説明していきます。

JALスカイメイト、ANAスマートU25とは?

JALスカイメイトANAスマートU25とは、満12歳以上25歳以下の方で、搭乗日当日、出発空港にて空席がある場合に通常運賃の約半額で利用できるサービスです。

GWや正月などの繁忙期には空席が無くて乗れない、または次の空席が4時間後の便ということもあります。GWや正月などの繁忙期には事前に予約して飛行機に搭乗するのが無難でしょう。

JALもANAも基本的には内容はほとんど一緒ですが、購入方法や積算マイルなどに若干違いがあります。

JALスカイメイト

JAL機体(出典:How To Traicy)

JAL機体(出典:How To Traicy)

対象者

満12歳以上25歳以下(学生以外も利用可)

購入方法

搭乗日当日、出発空港にて空席がある場合、空港の自動チェックイン・発券機、JALグループ国内線カウンター(市内・空港)にて購入可能です。

JALカード(JALカードnavi、JAL CLUB ESTなど)やJALマイレージバンクカード(初回利用時は情報登録が必要)があれば自動チェックイン機・発券機で購入できます。持ってない場合は、年齢が確認できる公的書類または学生証と一緒にJALグループ国内線カウンターで購入してください。

購入締め切り時刻は搭乗予定便の出発時刻の20分前となっています。

運賃(一例) 2020年3月29日~10月24日搭乗分

スカイメイト運賃 大人普通運賃
路線 通常期 ピーク期 通常期 ピーク期
東京/羽田~大阪/伊丹 10,000円 11,200円 25,700円 28,100円
東京/羽田~福岡 16,300円 19,150円 41,900円 44,400円
東京/羽田~札幌/新千歳 14,250円 17,300円 38,200円 40,600円
東京/羽田~沖縄/那覇 19,150円 22,200円 46,600円 49,000円

これに、旅客施設使用料(対象空港発着利用時のみ)が加算されますが、上記の表のように、スカイメイト運賃を利用すれば普通運賃の半額以下で利用することができます。

キャンセルする場合は1区間につき440円の払戻手数料が必要です。キャンセル可能な期間は有効期限満了日の翌日から起算して10日以内です。また、スカイメイト運賃の場合マイルは75%積算することができます。

ANAスマートU25

ANA機体(出典:Traicy)

ANA機体(出典:Traicy)

対象者

満12歳以上25歳以下のANAマイレージクラブ会員またはANAカード会員

購入方法

搭乗日当日、出発空港にて空席がある場合、ANAウェブサイト(出発当日の深夜0時から)、空港の自動チェックイン機、ANA国内線カウンターにて購入可能です。

ANAマイレージクラブカードを持っている方は、利用初回に限り、ANA国内線空港カウンターにて生年月日を証明する公的書類または学生証を確認し、登録をする必要があります。

ANAカードやANA学生カードを既に持っている方はANA国内線空港カウンターに立ち寄る必要がなく、そのまま、ANAのウェブサイトや自動チェックイン機で購入が可能です。

購入締め切り時刻は搭乗予定便の出発時刻の20分前となっています。

運賃(一例) 2020年3月29日~10月24日搭乗分

ANAスマートU25運賃 大人普通運賃
路線 通常期 ピーク期 通常期 ピーク期
東京/羽田~大阪/伊丹 10,000円 11,000円 24,000円 25,200円
東京/羽田~福岡 16,000円 19,000円 39,200円 41,000円
東京/羽田~札幌/新千歳 14,000円 17,000円 36,200円 37,700円
東京/羽田~沖縄/那覇 19,000円 22,000円 43,300円 45,400円

これに、旅客施設使用料(対象空港発着利用時のみ)が加算されますが、ANAスマートU25運賃を利用すれば普通運賃の半額以下で利用することができます。

キャンセルする場合は1区間につき440円の払戻手数料と運賃の5%の取消手数料が必要です。キャンセル可能な期間は有効期限満了日の翌日から起算して10日以内です。また、ANAスマートU25運賃の場合マイルは50%積算することができます。

JALスカイメイト、ANAスマートU25違いは?どちらが良いの?

誰でも購入できるのはJAL

JALでは、満12歳以上25歳以下のすべての方を対象にしているのに対して、ANAの場合は満12歳以上25歳以下のANAマイレージクラブ会員またはANAカード会員と対象となっています。

事前に予約できるのはANA

JALでは、基本、空港でしか購入できませんが、ANAの場合、一度生年月日登録をすれば次回から自宅でANAのウェブサイトから購入でき、空港に着いたが満席で乗れないという心配がありません。

キャンセルの時にかかる手数料が安いのはJAL

JALの場合、1区間につき440円の払戻手数料で済みますが、ANAの場合は、1区間につき440円の払戻手数料と運賃の5%の取消手数料が必要です。

マイルが多くたまるのはJAL

JALスカイメイト運賃の場合は75%積算することができますが、ANAスマートU25運賃の場合は50%しか積算されません。

JALカードnaviやANA学生カードを持っている場合は100%加算されます。また、どちらとも在学中は入会費、年会費が無料なのでJALカードnaviやANA学生カードを持っていない人は持つことをオススメします。

事前に予約ができるという点でANAの方が便利

ANAは当日の深夜0時から自宅でANAのウェブサイトから予約可能なので大変便利です。しかし、JALスカイメイト、ANAスマートU25の両方とも、当日に空席がある場合にのみ購入できるので、その日にどうしても目的地に行きたい場合は極力JALスカイメイト、ANAスマートU25を使わずに事前に購入するべきでしょう。

他にも当日空席があれば半額以下で乗れる航空会社

スカイマーク

スカイマークでは「U21直前割」というサービスがあり、満12歳以上21歳以下の場合、利用できます。JAL、ANAに比べて搭乗前日から予約可能となっているのが特徴です。詳しくはこちらから。

ソラシドエア

ソラシドエアでは「予約ができるヤング割」というサービスがあり、満22歳未満または学生が利用できます。詳しくはこちらから。

エアドゥ

エアドゥでは「DOユース25」というサービスがあり、満12歳以上歳25歳以下の場合、利用できます。詳しくはこちらから。

スターフライヤー

スターフライヤーでは「スターユース」というサービスがあり、満12歳以上歳25歳以下の場合、利用できます。詳しくはこちらから。