【2019年版】エミレーツ航空の手荷物を大調査!【機内持ち込み・預け手荷物】

エミレーツ航空とは

エミレーツ航空とはアラブ首長国連邦のドバイに拠点を置く航空会社です。この記事ではエミレーツ航空の手荷物について説明していきます。

エミレーツ航空の手荷物について

エミレーツ航空には機内持ち込み手荷物(機内に持ち込み可能な荷物)と受託手荷物(航空会社に預け入れる荷物)があります。
また、エミレーツ航空にはエコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスの大きく分けて3つの搭乗クラスがあり、それぞれ手荷物の規定が異なります。さらに、運賃にはSpecial、Saver、Flex、Flex Plusと4つの形態があり、エコノミークラスについては受託手荷物の規定が少し変わってきます。

エミレーツ航空の機内持ち込み手荷物

重量・個数

搭乗クラス エコノミークラス ビジネスクラス ファーストクラス
重さ 7kg 7kg 7kg
個数 1個 ブリーフケース1個+ハンドバッグ(ガーメントバッグ)1個 ブリーフケース1個+ハンドバッグ(ガーメントバッグ)1個

機内持ち込み手荷物の重さは、全ての搭乗クラスにおいて1個につき7kg以下と規定されています。個数に関してはエコノミークラスでは1個まで、ビジネスクラスファーストクラスではブリーフケース1個に加え、ハンドバッグあるいはガーメントバッグのどちらか1個までです。

サイズ

エコノミークラスの手荷物は55 x 38 x 20cm未満、ビジネスクラスファーストクラスのブリーフケースは45 x 35 x 20cm未満の大きさに収める必要があります。また、ビジネスクラスやファーストクラスに搭乗される方が持ち込み可能なハンドバッグは55 x 38 x 20cm未満、ガーメントバッグはたたんだ状態で厚さ20cm未満が上限サイズです。

エミレーツ航空の受託手荷物

エミレーツ航空の受託手荷物は南北アメリカ発着便とアフリカ出発便を除いた全路線において重量制が適用されています。そのため、搭乗クラスの規定重量に収まっている限り、個数制限なく預けられます。

重量

運賃形態(搭乗クラス) Special(エコノミー) Saver(エコノミー) Flex(エコノミー) Flex Plus(エコノミー)
重さ 15kg 25kg 30kg 35kg

エコノミークラスではSaverやFlexといった運賃形態によって、最大重量が変わってきます。SpecialとFlex Plusの最大重量の間には20kgもの差があるため、荷物の量に応じた運賃形態を選択するのも一つの手です。

搭乗クラス ビジネスクラス ファーストクラス
重さ 40kg 50kg

ビジネスクラスとファーストクラスの最大重量は上記のとおりになります。

サイズ

全ての搭乗クラスにおいて手荷物1個あたりのサイズは、縦・横・高さの3辺の合計寸法300cm以下でなくてはなりません。

特別な手荷物がある場合

人によっては特殊な手荷物を持ち運びたい、あるいは預けたいという方もいるかと思います。下記の情報に加え、より詳しい内容が知りたいという方はこちらを参照ください。

身体が不自由な方

完全に折りたたみ可能な車椅子や松葉づえ、携帯透析装置などの品目は航空会社に預けることができます。また、聴導犬や盲導犬は機内にも入れることができます。

幼児連れの方

2歳未満の幼児をお連れの方は幼児用の手荷物を10kgまで預けることが可能です。また、携帯用ベビーベッドや完全折り畳み式ベビーカーは、客室にスペースがある場合やそれが受託手荷物として扱われる場合に限り、1台のみ持ち込むことができます。

スポーツ用品

スポーツ用品が手荷物許容量を超えた場合、追加手荷物料金がかかります。スポーツ用品に関する手荷物許容量はこちらをご覧ください。

ペット

ペットは貨物やケージに入れて受託手荷物として預ける必要があり、別途料金が加算されます。詳しい料金はこちらに記載されています。

モーター付きの乗り物

ホバーボードやミニセグウェイといった大型リチウム電池を使用した品目は機内持ち込み手荷物としても受託手荷物としても預けられません。

手荷物許容量の確認方法

既に航空券を持っているという方は姓と予約番号を入力することで、ご自身のフライトに適用される手荷物許容量を確認することができます。詳しくはこちらのページをご覧ください。