【2019年版】ジンエア―の手荷物を大調査!!【機内持ち込み・預け荷物】

ジンエア―とは

ジンエア―は韓国のソウルに拠点を置くLCC(格安航空会社)です。この記事ではジンエア―の手荷物について説明していきます。

ジンエア―の手荷物事情

ジンエア―公式サイト

ジンエア―公式サイト

ジンエア―には機内持ち込み手荷物(機内に持ち込み可能な荷物)と受託手荷物(航空会社に預け入れる荷物)があります。
ジンエア―にはSUPER LOW、FLEX、JINIなどといった運賃クラスがありますが、手荷物の規定内容は全て同じです。

ジンエア―の機内持ち込み手荷物

ジンエア―では機内に持ち込むことのできる手荷物として、重量が10kg以下であること、縦・横・高さが20cm×40cm×55cm以内かつ3辺の合計サイズが115cm以内であることと規定しています。ただし、ノートパソコンや書類カバン、ハンドバッグなどはそれとは別に持ち込むことができます。

ジンエア―の無料受託手荷物

ジンエア―の受託手荷物は、縦・横・高さの3辺の和が203cm以内であれば、15kgまで無料で預けることができます。ただし、この手荷物規定は韓国と日本(または東南アジア・台湾・香港・マカオ)を結ぶ国際線や韓国国内線に限ります。

超過手荷物料金

万が一受託手荷物の許容量を超えた場合、超過手荷物料金を支払う必要があります。超過手荷物料金は路線により異なるため、こちらから確認してください。また、超過手荷物はオンラインで申請することで割引を受けることができます。

スポーツ用品・楽器を輸送する場合

スキー板やスノーボード、サーフボード、自転車など、スポーツ用品を輸送する場合は無料手荷物許容量を超過していない限り、基本料金を支払うことで預けることができます。基本料金は1個につき1000円です。
バイオリンなどの楽器は縦・横・高さ3辺の和が115cm以下であれば、無料で機内に持ち込むことができます。大型の楽器を持ち込みたいという方は楽器用に座席を追加で購入しなくければなりません。
スポーツ用品・楽器の輸送に関して不明点がある場合、こちらをご覧ください。