JAL国内線の機内持ち込み手荷物を大解剖!【2019年版】

JAL

荷物制限(国内線)

日本航空(JAL)では、機内へ持ち込むことのできる手荷物(機内持ち込み手荷物)に制限があります。JALが規定する個数・重さ・サイズの条件を満たしていれば、無料で持ち込むことができます。荷物制限はエコノミークラス(普通席・クラスJ)、ファーストクラスともに同様です。国際線の旅程の一部として利用する場合は、国際線の荷物制限が適用されるので、本記事の後半を参照してください。

個数

身の回り品(ハンドバック、カメラ、ノートPC、傘など)1個、機内持ち込み手荷物1個の合計2個。

重さ

身の回り品と機内持ち込み手荷物の合計重量が10キロ以内。

サイズ

機内持ち込み手荷物のサイズは、飛行機の機種によって変わります。搭乗する飛行機の機種は、国内線空席照会結果画面で確認できます。100席以上の便に関しては、3辺のサイズが55センチ×40センチ×25センチとなっていますが、全てを足すと120センチになります。しかし、各辺のサイズが既定の大きさに収まっていたとしても、115センチを超える場合は持ち込みができません。1辺あたりのサイズを守りながら、3辺合計のサイズを115センチ以内にしなければならないので注意してください。

飛行機の座席数 路線 サイズ
100席以上 *1 JAL・JTA 合計:115センチ以内
55センチ×40センチ×25センチ以内
100席未満 *2 JAL・JAC・
RAC
合計:100センチ 以内
45センチ×35センチ×20センチ以内

*1 773/772(777)/787/789/767/734/738(73H)
*2 E70/E90/SF3/DH4/DH3/DH1/ATR

超過料金

機内持ち込み手荷物の荷物制限を超える場合、以下の2通りの方法で超過料金を支払う必要があります。

預け手荷物として預ける

預け手荷物を追加する場合、路線によって超過料金が1キロあたりで設定されています。詳しい条件については以下の記事を参照してください。

座席を追加で購入する

座席を追加購入することで、2人分の機内持ち込み手荷物が許容されます。特別旅客料金を支払うことで、自分が座る座席以外にも座席を購入することができます。料金は3,100円から11,300円で路線によって異なります。ファーストクラス・クラスJ利用時は、特別旅客料金に加え、普通運賃との差額が発生します。

国内線の機内持ち込み手荷物についての最新情報は、JALの公式ホームページで確認してください。

JALの手荷物についてのまとめ記事はこちら

JAL

どこよりも詳しい!JAL国内線・国際線の手荷物ルールを徹底解説【2019年版】

2018年12月7日