【2019年版】JALの預け手荷物制限を大解剖!【国内線】

荷物制限(国内線)

国際線旅程の一部として国内線に搭乗するときは、国内線ではなく国際線のルールが当てはまります。

個数

手荷物数に制限はなく、何個でも預けられます。

サイズ

預け入れ手荷物の大きさは、3辺(縦・横・高さ)が50cm×60cm×120cm以内。

重さ

搭乗クラスによって異なりますが、預かり手荷物1個あたりの重量は32キロまでとなっています。それ以上になる場合は、手荷物を複数個に分けてください。JMBクリスタル会員の方は通常プラス10kg以内の手荷物を無料で預けることができます。

ファーストクラス

45キロまで無料。

エコノミークラス(普通席・クラスJ)

20キロまで無料。

超過手荷物料金

超過料金を支払うことで、手荷物の合計重量を最大100キロまで増やすことができます。超過料金は路線により異なり、1キロあたり200円〜400円となっています(路線ごとの料金はこちら)。この場合でも手荷物1個あたりの重量は32キロまでとなっています。

サイズの大きな手荷物

預け手荷物のサイズ規定を超える手荷物も、飛行機の貨物室に搭載可能な限り預かってもらえます。搭載可能なサイズの目安は飛行機によって異なります。詳しくは以下の記事で解説しています。

JAL

【国内線】サイズの大きな荷物や液体は?JALの手荷物制限を調査

2019年2月2日

国内線の預け手荷物料金についての最新の情報は、JALの公式ホームページで確認してください。

預け手荷物の事前追加

JALの場合、預け手荷物を事前に追加購入することはできません。当日空港カウンターで申請をしてください。

幼児の預け手荷物

幼児分の座席を購入している場合は、購入した座席に応じた手荷物規則が適用されます。満3歳未満の幼児は座席を購入しなくても、幼児運賃(大人運賃の10%)を支払えば搭乗できます。この場合の幼児の預け手荷物は、一緒に搭乗する大人の手荷物ルールと同様になります。

JALの手荷物についてのまとめ記事はこちら

JAL

【2019年版】どこよりも詳しい!JALの手荷物ルールを徹底解説【保存版】

2018年12月7日