【2019年版】エミレーツ航空の遅延時の振替・払い戻し方法

運航情報の確認方法

公式サイトで確認

遅延や欠航など搭乗予定フライトの運航状況が気になるときは、エミレーツ航空の公式サイトから最新の情報を確認することができます。ただ残念ながらSNSでの運航情報発信は行っていないようです。

その他の方法

全世界のフライトの運行情報をリアルタイムで掲載している、Flightawareでも確認できます。このサイトはスマホからでもアクセスできるので、航空会社や空港でなかなか情報が更新されないような場面でも有効です。

問い合わせ方法

また直接会社に問い合わせをしたい場合、エミレーツは状況に応じた複数の連絡手段を選択できます。

  • 電話(国内は+ 81 3 6743 456)※営業時間は平日9~19時、土日祝日は休業になっています。
  • メール
  • SNS(Twitterは24時間受付)

なおこれらはすべてヘルプページにまとめられています。

振替方法

補償対象となる遅延時間

何時間遅延した場合に補償対象となるのか、明文化されていません。公式サイトにも記載がないため、具体的に何時間なのかは現場の判断によるのかもしれません。フライトが欠航・遅延する場合は予約時に指定した連絡先にエミレーツ航空からEメールとSMSが送信されます。確実に通知を受け取れるように連絡先が変更された際はきちんと予約情報を更新しておきましょう。

他の便への振り替え

遅延したフライトの振替便については必要に応じてエミレーツ航空が再予約を行います。基本的には同じ会社の便になりますが、フライトが利用できない場合は別の航空会社の便を再予約します。振替後の旅程は予約時に指定した連絡先に通知されますが、もし予定が合わなければ希望のフライトに再予約しなおすこともできます。

ホテル、宿泊費の補償もあり

再予約のためにドバイでの乗り継ぎ滞在時間が、エコノミークラスは8時間以上、ファーストクラスとビジネスクラスは6時間以上となった場合、ドバイ市内の宿泊施設を利用することができます。クーポンはドバイ到着後、乗り継ぎデスクで受けってください。

ポイント取得

フライトの遅延のため他社便を利用することになっても、ビジネスリワーズ・ポイントは予定通り獲得できます。

払い戻し方法

エミレーツ航空のフライトに遅延や不測の事態が生じた場合、未使用の航空券は全額払い戻しされます。また払い戻し不可の航空券であっても同様に全額払い戻しされます。もし航空券の一部が使用済みであれば払い戻しは未使用分のみとなります。

手数料

未使用の航空券の払い戻しにキャンセル料はかかりません。

手続き

エミレーツで直接予約した方の払い戻し手続きは、公式サイトの申請ページから行えます。一方代理店を経由して予約した方は、代理店の方に直接問い合わせをしてください。

証明書の発行

搭乗したフライトが遅延した場合、証明を受けるには申請フォームをオンラインで入力する必要があります。入力必須フィールドをすべて埋め、自分のEメールアドレスを利用したリクエストが処理できるよう設定してください。搭乗証明書は21日以内に届きます。