【2019年版】できるだけ安く!成田空港アクセス徹底比較【鉄道・バス】

LCCの普及に伴い、成田空港に安くアクセスしたいと考える人が増えているようです。

この記事では東京やその近辺から安くアクセスする方法をまとめました。

安さよりも早さの方が大切だという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

■関連記事
【2019年春版】できるだけ早く成田空港にスピードアクセス【電車・バス】

鉄道(京成・JR)

鉄道のメリット

①時間に正確
②早朝・深夜を含め本数が豊富
③基本的に定員オーバーで乗車できないことはない(スカイライナーなどを除く)

鉄道のデメリット

①人身事故などで遅れた場合、大幅に時間がかかる恐れがある
②有料特急以外は着席できる保証なし・トイレ無しのことも
③JRの普通列車は本数が少ない

京成

京成電鉄での成田空港アクセスは、2010年に開業した成田スカイアクセス線と、従来から運行している京成本線の2ルートがあります。成田スカイアクセス線の方が距離は短いです。

スカイライナーの概要(京成電鉄)

スカイライナーの概要(京成電鉄)

スカイライナーは成田スカイアクセス線を経由する座席指定の特急列車です。京成本線では朝夕に有料特急(モーニングライナー・イブニングライナー)が運行されていますが、本数は限られます。

成田スカイアクセス線経由・アクセス特急の概要(京成電鉄)

成田スカイアクセス線経由・アクセス特急の概要(京成電鉄)

アクセス特急は、成田スカイアクセス線を経由する、運賃のみで利用できる特急列車です。日中は都営線からの直通列車中心で運行されており、上野・日暮里からは途中の青砥駅で乗り継ぎが必要なことがあります。

京成本線経由・快速特急・特急の概要(京成電鉄)

京成本線経由・快速特急・特急の概要(京成電鉄)

京成本線経由の快速特急・特急列車は、船橋を経由し、途中の停車駅が多くなっていますが、京成の列車の中で最も安く上野・日暮里から成田空港まで移動できます。

運賃・料金
種類 (最短)所要時間 料金(大人1人当たり) 備考
スカイライナー(座席指定) 36分 2,470円 約20~40分間隔
アクセス特急 50分 1,330円 都営線直通列車もあり
京成本線経由(快速特急・特急) 66分 1,030円 約20分間隔

※運賃・料金は切符利用時。所要時間は日暮里駅~空港第2ビル駅。

JR

成田エクスプレス(JR東日本公式サイト)

成田エクスプレス(JR東日本公式サイト)

成田空港へのアクセスは、一部の時間帯を除き、特急成田エクスプレスと、快速・普通列車が運行されています。スカイライナーよりも成田エクスプレスの方が正規運賃の場合割高です。安く成田空港にアクセスするためには、快速・普通列車の利用が選択肢に入ります。

JR東日本・成田線などで運行されるE217系車両

JR東日本・成田線などで運行されるE217系車両

成田空港を発着する快速・普通列車(運賃のみで利用可能)は、千葉方面に直通し、一部時間帯を除いて東京・品川・横浜・鎌倉・横須賀方面まで運行します(総武快速線・横須賀線直通)。ただ、運行本数は1時間に1~2本程度のため、京成線の列車に比べ利便性は劣ります。

運賃は、東京~成田空港・空港第2ビル駅間が1,317円と、こちらも京成線に比べて割高です。しかし、直通で行ける範囲に出発地・目的地があり、時間に余裕があれば、検討してみてはいかがでしょうか。

バス

東京などから高速道路を利用して成田空港に向かうバスは、大きく分けて従来から運行している空港リムジン(京成バス・リムジンバス(とその共同運行・グループ会社)運行のバス)と、2010年代から台頭してきたLCB(Low Cost Bus)の2種類があります

(全体的な)バスのメリット

①安い
②トイレ付のバスが多い

(全体的な)バスのデメリット

①定時性に欠ける
②本数が多くないことも
③東京側の乗り場がわかりにくいことも

空港リムジン

基本的には高めのイメージがありますが、割引運賃がある路線があります。

成田空港⇔新浦安エリア・東京ディズニーリゾートエリア

成田空港を運営する成田国際空港株式会社と連携した「Narita Air & Bus コラボキャンペーン」によるもので、東京空港交通(リムジンバス)、千葉交通、東京ベイシティ交通(京成グループ)の成田空港発、東京ディズニーリゾートエリア発、新浦安エリア発の全便が、大人片道1,800円(小人半額)で利用出来ます。

ユース割引・シニア割引

東京空港交通(リムジンバス)は、12~25歳・65歳以上の利用者に割引運賃(ユース割引・シニア割引(一部名称が異なる))を設定(同額)しています。なお、購入の際は年齢が確認できるものの提示が必要です。

発着地 発売額(片道) 通常運賃(片道)
T-CAT・東京駅など 1,900円 2,800円
新宿駅(西口・バスタ新宿) 2,000円 3,100円
YCAT(横浜駅東口) 2,000円 3,600円

また、比較的自宅など出発地・目的地に近い駅とのアクセスがあることがあり、利便性などを考えれば利用してみてもいいかもしれません。

LCB(格安バス・Low Cost Bus)

東京発着の路線は、
①東京シャトル(東京駅付近など~成田空港)
②THEアクセス成田(東京駅八重洲南口バスターミナルなど~成田空港)
③成田シャトル(大崎駅西口~成田空港)
の3種類が挙げられます。一部を除き、成田空港の各ターミナルから乗車できます。

格安バスのまとめはこちら