【2019年版】タイガーエア台湾の欠航時の振替・払い戻し方法

運航状況の確認方法

タイガーエア台湾の運行状況は公式サイトのフライト状況ページから確認できます。フライトルート、便名、空港のいずれかを選択し、出発日を入力して検索してみてください。搭乗する便の運航状況を調べられます。

また、欠航時にはタイガーエア台湾から登録メールアドレスにメールが送られてきますので、こちらでも確認ができます。

問い合わせ方法

タイガーエア台湾への問い合わせは、カスタマーセンターへの電話とLive Chatでできます。ただし、Live Chatは中国語と英語でしかできません。

日本語に対応しているカスタマーセンターの電話番号は、+81(0)3-6455-0242です。月曜日から金曜日の10:00から17:00まで問い合わせを受け付けています。

台湾国内から問い合わせをする場合の電話番号は、+886 2 5599 2555です。台湾国内の場合は、メールでも問い合わせができます。アドレスはjk_service@tigerairtw.comです。台湾国内では毎日9:00から21:00まで問い合わせを受け付けています。タイガーエア台湾への問い合わせ方法は、公式サイトのこちらで確認してください。

振替方法

台風などの天候や会社の都合により、タイガーエア台湾が欠航した場合は振替ができます。この場合、タイガーエア台湾の次の便に搭乗できます。もちろん振替に手数料は必要ありません。

しかし、振替の便はタイガーエア台湾の便に限られています。他社の別便には振替できないため注意が必要です。タイガーエア台湾の欠航により、乗り換える他社の後続フライトに搭乗できなかった場合は、この便の賠償・補償は受けられません。あくまでも欠航による振り替え対象になるのは、タイガーエア台湾の便に限られます。

また、自分の都合で飛行機に搭乗できなかった場合も振替は受けられません。

運悪く搭乗予定の便が欠航になる可能性もあるため、タイガーエア台湾では個人旅行保険への加入を勧めています。詳細はカスターマーセンターに電話をするか、空港のサービスカウンターに尋ねてみてください。詳しい内容は公式サイトで確認してください。

払い戻し方法

タイガーエア台湾の便が欠航になり、搭乗できないといったケースには払い戻しを受けられます。しかし、公式サイトには払い戻しに応じる条件が記載されています。

公式サイトではタイガーエア台湾の欠航により次の便に運航時刻が変わり、搭乗予定便の出発時刻が4時間以上前後し、この便に搭乗できないときは全額払い戻しを受け取れると書かれています。それにくわえて、払い戻しを受けるためには、出発時刻の4時間前までにタイガーエアに連絡をしなくてはいけません。

ちなみにタイガーエア台湾の欠航により後続のフライトに乗れなかった場合、この後続便の払い戻しは受けられません。欠航についての詳細は公式サイトのこちらのページにある、「航空券のお取り扱い」から確認できます。