【2019年版】中国東方航空の手荷物を大調査!!【機内持ち込み・預け荷物】

中国東方航空とは?

中国東方航空は中国の上海に拠点を置く航空会社です。この記事では中国東方航空の手荷物について説明していきます。

中国東方航空の手荷物について

中国東方航空には機内持ち込み手荷物(機内に持ち込むことのできる手荷物)と受託手荷物(航空会社に預ける手荷物)の2つがあります。
中国東方航空の運賃クラスにはエコノミークラスプレミアムエコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスの4種類があり、無料受託手荷物に関しては内容がそれぞれ少し異なります。

中国東方航空の機内持ち込み手荷物

サイズ・重量・個数

中国東方航空における機内持ち込み手荷物は56センチ×45センチ×25センチ以内で、3辺の合計サイズが115センチに収まらなければなりません。また、重さは10キロ以下であり、個数は1個までである必要があります。

例外として持ち込み可能な品目

医薬品類ベビーミルクなどは機内に持ち込み可能です。ただし、医薬品類については機内において必要であることを証明しなければならない場合があります。また、ベビーミルクやベビーフードは乳幼児が同伴する必要があります。

中国東方航空の受託手荷物

個数・重量

クラス エコノミー プレミアムエコノミー ビジネス ファースト
個数 2個 2個 2個 3個
重さ 各23キロ 各23キロ 各32キロ 各32キロ

上記表のとおり、中国東方航空は運賃形態によって無料受託手荷物の規定が異なります。

サイズ

無料受託手荷物は、縦×横×高さの3辺の合計サイズ158センチ以内でなければなりません。

規定を超えた場合

万が一サイズ、重量、個数のいずれかが規定の内容をオーバーしてしまった場合、超過手荷物料金を支払う必要があります。またサイズ、重量、個数のうち複数が同時にオーバーしてしまったとき、超過料金はそれぞれの額を合算したものとなります。詳細はこちらに記載されています。

リチウムイオン電池について

リチウムイオン電池 持ち込み 預け入れ 個数
電子機器(本体)、パソコン、携帯、カメラなど 100Wh以下 不可
上記の電子機器(本体)+電気機器の予備電池(充電式バッテリー) 100~160Wh 不可 1人2個まで
上記の電子機器(本体)+電気機器の予備電池(充電式バッテリー) 160Wh以上 不可 不可

リチウムイオン電池が搭載された電子機器やパソコン、カメラ、携帯、モバイルバッテリーは持ち込みや預け入れの際、制限がかかる場合があります。詳しくはこちらを参照ください。