【2019年版】イースター航空の手荷物を大調査!!【機内持ち込み・受託手荷物】

イースター航空とは

イースター航空は韓国のLCC(格安航空会社)です。この記事ではイースター航空の手荷物について、わかりやすく説明していきます。

イースター航空の手荷物事情

イースター航空には機内持ち込み手荷物(機内に持ち込むことのできる荷物)と受託手荷物(航空会社に預け入れる荷物)があります。
また、イースター航空には特価運賃・割引き運賃・正規運賃と3種類の運賃があり、特価運賃で購入された場合のみ手荷物の規定内容が異なります。

機内持ち込み手荷物

イースター航空ではどの運賃で購入されたとしても、無料で手荷物を機内に持ち込むことができます。

・横+縦+高さが20+55+40cm以内に収まっており、3辺の和が115cm以下であること

・重さが7kg以下であること

・個数が1個までであること

以上の条件をすべて満たしている必要があります。また、それとは別にノートパソコン、ブリーフケース、ハンドバッグ、化粧品バック、飛行中に使用する幼児用飲食物は身の回り品として無料で機内に持ち込み可能です。

無料受託手荷物

イースター航空公式サイト

イースター航空公式サイト

無料受託手荷物は割引き運賃あるいは正規運賃で購入されたフライトのみ対象となっています。特価運賃で購入されたフライトに関しては無料で預けることができません

サイズ・重量・個数

無料受託手荷物は横・縦・高さの3辺の合計が203cm以下でなければなりません。また、重量は15kgまでで個数は1個まで預けられます。

受託手荷物の事前購入

特価運賃で購入されたフライトは無料受託手荷物の対象外ですが、事前に別途料金を支払うことで割引き運賃や正規運賃の航空券のように受託手荷物を購入することができます。韓国国内線であれば、片道10,000韓国ウォン、国際線であれば片道50,000韓国ウォンです。
また、無料受託手荷物の許容量を超えて預けたいという場合、事前に追加料金を支払えば、5kg単位で受託手荷物を購入できます。日本と韓国を結ぶ国際線であれば5kgあたり、片道30,000韓国ウォンです。
受託手荷物の事前購入に関する詳細情報はこちらのページをご覧ください。

無料受託手荷物の許容量を超えた場合

無料受託手荷物の許容量を超えた場合、超過料金が加算されます。韓国国内線で許容量を超過したときは、1kgにつき2,000韓国ウォン、日本と韓国を結ぶ国際線であれば1kgにつき1,000円です。その他の路線や乗り継ぎのあるフライトを利用される場合はこちらをご確認ください。

特別な荷物

自転車

スポーツ用品

自転車やスキー、サーフボードなどのスポーツ用品は無料受託手荷物の許容量にかかわらず、別途料金を支払わなければなりません。スポーツ用品1個あたりの料金は1,000円です。また、無料手荷物の許容量を超えた場合は超過料金も支払わなければなりません。スポーツ用品の受託に関する詳細はこちらをご確認ください。

楽器

横・縦・高さの3辺の合計が115cm以下の楽器は機内に持ち込むことができますが、それを超える場合は楽器用の座席を別途購入する必要があります。