海外旅行の行き方を徹底解説! 第5回「マイルって何?」

海外旅行に行きたいけど、どうすればいいのかわからない。そんな海外旅行初心者のために役立つ記事をお届けしていきます。前回までの4回に渡り、航空券を安く予約するための方法について紹介してきました。今回は「マイル」について解説していきます。マイルを貯めるには「飛行機に乗って貯める」方法と「提携クレジットカードで貯める」方法があります。ここでは特に「飛行機に乗って貯める」方法について中心に紹介します。

マイルとは

そもそもマイルとは何のことでしょうか。簡単にいうと航空会社で貯められるポイントのことで、このポイントを使って航空券と交換できたり、ポイントが一定以上貯まるとその航空会社の上級会員となることができたりします。航空会社には大きく分けて3つのグループがあり、このグループのことを「アライアンス」と言います。各アライアンスと加盟航空会社は以下の通りです。

スカイチーム

アエロフロート、アルゼンチン航空、アエロメヒコ、エア・ヨーロッパ、エールフランス、アリタリア航空、チャイナエアライン、中国東方航空、中国南方航空、チェコ航空、デルタ航空、ガルーダ・インドネシア航空、ケニア航空、KLMオランダ航空、大韓航空、ミドル・イースト航空、サウディア、タロム航空、ベトナム航空、廈門航空

スターアライアンス

全日本空輸、ユナイテッド航空、ルフトハンザドイツ航空、エア・カナダ、スカンジナビア航空、タイ国際航空、ニュージーランド航空、シンガポール航空、オーストリア航空、アシアナ航空、LOTポーランド航空、アドリア航空、クロアチア航空、TAP ポルトガル航空、南アフリカ航空、スイス インターナショナル エアラインズ、中国国際航空、ターキッシュ エアラインズ、エジプト航空、ブリュッセル航空、エーゲ航空、エチオピア航空、アビアンカ航空、アビアンカ・エルサルバドル、コパ航空、深圳航空、エバー航空、エア・インディア

ワンワールド

日本航空、エアベルリン、アメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空、フィンエアー、イベリア航空、LATAM、マレーシア航空、カンタス航空、カタール航空、ロイヤルヨルダン航空、S7 Airlines、スリランカ航空

アライアンス内の航空会社はマイレージプログラムで連携しており、例えばスターアライアンスでは、ルフトハンザドイツ航空に乗ってユナイテッド航空にマイルを貯め、ANA(全日本空輸)の航空券に交換するといったことが可能です。ANAのマイルはANAの飛行機に乗らないとたまらないというイメージを持たれがちですが、アライアンス単位で考えることが大切です。

アライアンス非加盟航空会社

どのアライアンスにも属さず、独自のマイレージプログラムをもつ航空会社もあります。エミレーツ航空やエティハド航空、アラスカ航空などがこのタイプの航空会社です。アライアンスには加盟していませんが、各航空会社と個別で提携しており、例えばアラスカ航空とJALは提携しているので、アラスカ航空のマイルをJALの航空券に交換することができます。

マイルの貯め方

航空会社のクレジットカードを作らないとマイルが貯められないと思ってしまう人がいますが、実際は各航空会社のホームページでアカウントさえ作成すればマイルを貯められます。LCCでも独自にマイレージプログラムを持っていたり、レガシーキャリア(JAL、ANAなどのフルサービスキャリア)と個別に提携している場合があります。例としては、ジェットスター・ジャパンの利用でJALにマイルを加算できたり、エアアジアはBIGポイントプログラムという独自プログラムを持っていたりすることが挙げられます。

飛行機に乗ってマイルを貯める場合、どれくらいマイルが貯まるのかは「マイル加算率×飛行距離」か「購入金額」に応じて決まります。マイルの加算率は航空券の予約クラスによって決まります。予約クラスはアルファベットのAからZまでが、購入金額や搭乗クラスに応じて振り分けられます。カタール航空のNクラスの場合、ブリティッシュ・エアウェイズでは飛行距離×50%のマイルが貯まりますが、JALでは30%のマイルしか貯まりません。「購入金額」に応じてマイルが貯まる仕組みを採用しているのはデルタ航空などが挙げられます。

効率的な貯め方は?

航空会社によってマイル加算の仕組みは異なり、また航空券に変える際の必要マイル数も異なります。マイレージプログラムは膨大に存在するので一つ一つのルールを把握することは困難です。したがって各アライアンスで自分がマイルを貯める航空会社を1つずつ決めて、今後はその航空会社にマイルを貯めていくようにするのが現実的です。しかし、マイルを貯めていく中でマイル加算対象外の航空券も出てきます。例としてカタール航空のOクラスはJALでは加算対象外です。このような場合でも、少しでもマイルが貯まる航空会社に貯めておいた方が、貯めないよりは良いです。航空会社と予約クラスが分かればどの航空会社に何%加算されるのか分かるサイトとしてはwheretocreditがオススメです。

では一体どのマイレージプログラムに貯めるのが最も効率が良いのでしょうか。次回は「各マイレージプログラムの特徴」について紹介していきます。

連載記事一覧はこちら

【初心者でも大丈夫】海外旅行の行き方を徹底解説!【連載8回】

2019年1月19日