【2019年版】ソラシドエアの欠航時の振替・払い戻し方法

欠航時の対応1・同一区間におけるフライトの振替

ソラシドエアでは、悪天候や機材トラブルによりフライトが欠航することがありますが、欠航した場合でも振替や払戻しをすることができます。振替便を手配する際には、搭乗予定日から10日間までが受付期間で、手数料はかからずに手続きを行うことが可能です。

同一区間におけるフライトを変更する場合、往路便とあわせて復路便も変更できます。振替の手続きは、インターネットや予約・案内センター、空港カウンターなどで受け付けています。ただし、往路便・復路便の予約記録が異なるなら、インターネットから手続きをすることはできません。その場合には、ソラシドエア予約・案内センターに連絡すれば、振替手続きをすることができます。

なお、予約が変更できる運賃は、オープンチケットに変えて別の日に使うことも可能です。オープンチケットへ変更する場合、ソラシドエア予約・案内センターや空港カウンターで手続きを進めることができます。

予約の変更ができない運賃の場合でも1回のみ変えることができ、新たなフライトが欠航になった際には、再度手続きをする必要があります。

欠航時の対応2・フライトを別の区間へ変更する

予約した区間とは別の区間へ変更する場合、航空券を払い戻してから、新たな区間のチケットを購入することになります。その際、購入済みのチケットと新たに取るチケットの差額は、購入者本人が負担しなければなりません。

ただし、機材トラブルなどで欠航した場合には、ソラシドエアが差額分を負担することになっています。なお、機材トラブルにより区間を変更するにあたり、宿泊費や交通費に影響が出てくるでしょう。その場合、ソラシドエアが定める範囲内で負担してもらうことができます。

欠航時の対応3・払い戻し

チケットを払い戻す場合、手数料をかけずに手続きを進めることが可能です。予約変更ができる運賃を利用した人は、チケットの有効期間満了日の翌日から数えて30日以内までが払い戻し期間です。一方、予約変更ができない運賃の場合、払い戻し期間は出発予定日の次の日から30日以内までとなっています。この期間を過ぎると手続きは不可となるので、払い戻す際には早めに手続きをすませるようにしましょう。

なお、ソラシドエアでは購入場所や支払い方法により、払い戻しできる場所が変わってきます。インターネットでクレジットカード決済を利用した人は、インターネットや予約・案内センター、空港カウンターで手続きを進めることができます。他の支払い方法でインターネットから購入した場合には、インターネットで払い戻しはできません。クレジットカード以外で支払った人は、予約・案内センターまたは空港カウンターで手続きをしましょう。

予約・案内センターでクレジットカード決済を利用した場合、インターネットや予約・案内センター、空港カウンターで払い戻すことができます。クレジットカード以外で支払った人は、予約・案内センターまたは空港カウンターのどちらかで払い戻しをしましょう。空港カウンターでチケットを購入した場合、支払い方法を問わず、予約・案内センターや空港カウンターで払い戻しを受け付けています。クレジットカード決済の人であれば、自動チェックイン機で払い戻すことも可能です。コンビニや銀行、ATMなどで購入した場合、予約・案内センターや空港カウンターで払い戻しの手続きを受け付けています。

旅行会社で手配した人については、ソラシドエアでは払い戻しを受けていないので注意が必要です。仮に、そういった人で払い戻しを希望するなら、利用した会社に連絡をして手続きを進めましょう。