【2019年版】シンガポール航空の手荷物を大調査!!【機内持ち込み・預け荷物】

はじめに

シンガポール航空は、エコノミークラス、プレミアムエコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスによって受託手荷物及び機内持ち込み手荷物の個数や重量が変わります。
空港で預ける荷物がある場合は、手荷物検査後、手荷物受付カウンターに預けてください。その他手荷物についての詳細情報はシンガポール航空公式ホームぺーに確認してください。

受託手荷物(預け手荷物)

受託手荷物のルール

シンガポール航空では、受託手荷物は米国発着便以外のフライトでは重量制、米国発着便は個数制を採用しています。ここでは重量制のみ説明します。

重量制

PPSクラブ会員/クリスフライヤーエリートゴールド会員/スターアライアンスゴールド会員は、追加で手荷物の重量を増やすことができます。重量を超えると別途に超過料金がかかりますので注意してください。シンガポール航空の重量表は次のとおりです。

重量 PPSクラブ会員 クリスフライヤーエリートゴールド会員 スターアライアンス ゴールド会員
スイート/ファーストクラス 50キロ 追加で50キロ
合計:100キロ
追加20キロ
合計:70キロ
追加20キロ
合計:70キロ
ビジネスクラス 40キロ 追加で40キロ
合計:80キロ
追加で20キロ
合計:60キロ
追加で20キロ
合計:60キロ
プレミアムエコノミークラス 35キロ 追加で35キロ
合計:70キロ
追加で20キロ
合計:55キロ
追加で20キロ
合計:55キロ
エコノミークラス(フレックス) 35キロ 追加で30キロ
合計:65キロ
追加で20キロ
合計:55キロ
追加で20キロ
合計:55キロ
エコノミークラス(スタンダード) 30キロ 追加で30キロ
合計:60キロ
追加で20キロ
合計:50キロ
追加で20キロ
合計:50キロ
エコノミークラス(ライト) 30キロ 追加で30キロ
合計:60キロ
追加で20キロ
合計:50キロ
追加で20キロ
合計:50キロ

※乳幼児には10キロの無料受託手荷物が適用されます。その他に以下の二つのカテゴリーから一つずつ無料にて預けることができます。

  1. 折り畳み式ベビーカー
  2. 持ち運び式ベビーベッド、またはカーシート

重量制限について

シンガポール航空では、1個あたりの重量が32キロを超える受託手荷物を預けることができません。該当する手荷物の輸送を希望する人はシンガポール航空支店まで問い合わせが必要です。

機内持ち込み手荷物

シンガポール航空公式サイト

シンガポール航空公式サイト

機内持ち込み手荷物のルール

シンガポール航空では利用クラスにより、下記制限を満たす手荷物を2個まで機内への持ち込みが可能です。機内に持ち込んだ手荷物は、必ず頭上のコンパートメント、または前の座席下のスペースに収納してください。

プレミアムエコノミークラス
エコノミークラス
ファーストクラス
ビジネスクラス
重量 7キロ 7キロ
個数 1個 2個
サイズ 縦×横×高さの合計が115センチ以内 縦×横×高さの合計が115センチ以内

※上記の制限範囲を超えた手荷物は、受託手荷物として貨物室にて預け入れが必要です。
※重量または個数の合計が無料手荷物許容量を超過した手荷物については、超過手荷物料金が発生するので注意してください。

機内への持ち込みが可能な追加品目

以下の品目は1点ずつに限り、受託手荷物許容量とは別に(国により規定がある場合を除き)無料で持ち込みすることができます。

・女性用ハンドバッグ(※)
・カメラ/カメラ用バッグ(※)
・書類鞄
・オーバーコート
・傘・専用ケースに収納されているノートパソコン/タブレット端末

※これらのバッグ類の3辺の合計は、各バッグにつき最大で40センチ×30センチ×10センチの合計80センチ以内となります。

超過手荷物料金

シンガポール航空では規定されている手荷物量を超えた場合、超過手荷物料金を支払わなければなりません。詳しくはこちらに記載されています。

KrisFlyer会員限定割引(すべてのクラス)

KrisFlyer会員の人は、追加手荷物許容量の事前購入や、その他の追加オプション購入時に追加割引が適用されます。フライトご予約時にKrisFlyerアカウントにログインすると、利用可能な割引を確認することができます。会員限定割引は、通常のフライト予約および特典航空券の予約の両方で、特別キャンペーンなどに加えて利用することができます。

規格外の手荷物

サイズ超過手荷物

ほとんどのスポーツ用具や楽器類は、機内へ持ち込みまたはチェックイン時に受託手荷物として預けることが可能ですが、サイズを超過した手荷物や大量の物品の輸送は制限されます。該当する輸送を希望する人は、子会社であるシンガポール航空カーゴ社まで連絡してください。

スポーツ用具

ゴルフクラブ・サーフボード・カヌー・スキューバダイビング用具・スキー・自転車などのスポーツ用具は、無料手荷物許容量に含まれます。無料手荷物許容量を超える手荷物に対しては、通常の超過手荷物料金が適用されます。32キロを超える手荷物を預ける場合は貨物として別に輸送していただく必要があります。詳細はシンガポールカーゴ社まで問い合わせてください。

大型楽器

チェロやコントラバスなどの大型楽器類は、機内持ち込み手荷物として、機内に持ち込むことができません。受託手荷物として預け入れを希望しない場合は、追加座席を購入することで、機内に持ち込みすることが可能です。機内持ち込める楽器は、サイズが127センチ×45センチ以内で重量が40キロ以内となっています。

さいごに

シンガポール航空は日本はもちろんのこと、世界でも有数の規模を持つ航空会社です。最近では、最新機種であるボーイング787-10やエアバス350-900など日本の空港に乗り入れています。
TRAICYでは旅行に関する最新情報やレポート、過去のセール情報まで網羅しているので、旅行の際には参考にしてみてください。